機器構成の例
センター規模
~200席
200~800席
800席~2000席
冗長構成
2000席~


~200席
推奨スペック
CPU : QuadCore Xeon 2.4GHz x1以上
メモリ : 8GB以上
・セキュリティ
Internetからの接続が想定される場合は、セキュリティの観点から、
APサーバーとDBサーバーを分離し、DBサーバーをFirewallの内側に
配置する構成を推奨します。
・可用性
一台で構成されているため、障害時にはサービスが停止します。
サービス停止が許容されない環境では、冗長構成を推奨します。
200席~800席
推奨スペック
CPU : QuadCore Xeon 2.4GHz x1以上
メモリ : 4GB以上
・可用性
APサーバー及びDBサーバー共、非冗長構成となっており、
どちらかのサーバーに障害が発生した場合、サービスが
停止します。
サービス停止が許容されない環境では、冗長構成を推奨します。
推奨スペック
CPU : QuadCore Xeon 2.4GHz x1以上
メモリ : 8GB以上
800席~2000席
推奨スペック
CPU : QuadCore Xeon 2.4GHz x2以上
メモリ : 8GB以上
・可用性
APサーバー及びDBサーバー共、非冗長構成となっており、
どちらかのサーバーに障害が発生した場合、サービスが
停止します。
サービス停止が許容されない環境では、冗長構成を推奨します。
・パフォーマンス
スケジュール作成を2多重以上動作させる場合は、APサーバーを
二台に分けて、負荷分散装置を配置し、AP一台あたりの負荷を
下げることを推奨します。
推奨スペック
CPU : QuadCore Xeon 2.4GHz x1以上
メモリ : 8GB以上
冗長構成
・APサーバー冗長構成
APサーバーを複数配置し、負荷分散装置を
使用して、APサーバーへのアクセスの割り振りを
行います。
・DBサーバー冗長構成
WindowsとMS-SQLサーバーの組み合わせの
際は、MSCS(MSFC)を使用した冗長化を
行います。
2000席~
2,000席以上はご相談ください。
また、SeatManagerと組み合わせるときは、別途構成を検討する必要がございます。